font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

管理人at江戸
管理人、今、江戸に来ております。
某書店にて、素敵な本を発見!!
レポートは、また後ほど(・ω・)ノ


(・・・・・・・・8時間後)

帰還。
江戸も暑かったですが、那古野は更に暑い・・・何故だぁぁ(汗
(管理人は尾張国の上四郡の辺に生息しております)
さて、
管理人、実は江戸へ観劇に行って参りました。
大河ドラマ『利家とまつ』で惚れてしまった、
山口祐一郎さん(佐々成政役)主演のミュージカル
『ダンス・オブ・バンパイア』を見に行ってきたので御座います。
なので、御屋形様とは全然関係御座いません(すみません)
で、
折角江戸に行くのだから(人生2度目)、どこか観光しよう。
と、思ったのですが、自由時間が2時間しかなかったので、
1ヶ所だけ行く事にしました。(一応)うら若き乙女が、
尾張の田舎から、華のお江戸へ行って観光、と云ったら、
ここしかありません!そう!!

歴史時代書房『時代屋』です!!

・・・・ここしか行きたい所が思い浮かばなかった(合掌)
今年の初めに、江戸に出来たと云う、歴史書専門の書店さん。
でなきゃ、神田の古書店街くらいしか出てこなかったです・・・・。
出かける直前にネットで調べたら、その『時代屋』が、
その神田にあると知り、時間があったら古書店街も探してみよう、
という、地図も持たないアバウトな計画で出発。
駅を降り、炎天下、地名だけを頼りに、てくてく×2。
そして、意外とあっさり発見!!
jidaiya.jpg→→時代屋HP
1Fに雑誌・書籍(と、一部一般書籍)。
2FにDVD・ゲーム・漫画・歴史グッズとお茶屋さん
まず入って、真正面に、武田の信玄公の鎧兜
(あの兜に白い毛がふさふさしてるやつです)が、
鎮座ましましておられました。
正面島棚に雑誌、両壁面に書籍&文庫。奥に専門書・文芸書。
手裏剣・Tシャツ・フィギュアetc・・・グッズも面白かったです。
関羽の銅像とか置いてありましたが、誰が買うんだろう・・・(笑)
思ったよりこぢんまりしたお店でしたが、
右を見ても左を見ても、歴史の本ばっかり。
喜色満面・笑顔全開の管理人が、ご想像頂けるかと存じます。
記念に、本を1冊買って帰りました。
お店の正面、メインの棚に積んであった新刊。
沢彦(たくげん)』

今年の本能寺の変企画の漫画に出したばっかりだったので、
管理人的にかなりタイムリーな人物です。
その時描いた沢彦和尚のビジュアルを、散々けなしまくった
(自分のオリジナルキャラと描き分け出来てなかったので)
にもかかわらず、妹2は『たくひこ』と読みやがりました(怒)
なんだろう、その中途半端な間違え方・・・。
それはさておき、
まさか、沢彦和尚が主人公で小説が出来るとは思いませんでした。
って云うか、このタイトルじゃ売れないと思う。
『信長の~~』っていう、太田牛一が主人公の某小説みたいな
タイトルにすれば良かったのに(推して知るべし)。
まだ半分しか読んでませんが、結構面白いです。
平手のじいに請われて、若き信長の師となった沢彦。
爆発的な生のエネルギーと、天才の閃きを持て余す信長の前に道をつけ、天下統一への道を歩ませようとしますが・・・。
と、読んだのはここまで、帯には「本能寺の変を仕掛けた男」
とあるので、この2人の良好な関係に何があったのか、
気になるところです。
漫画では、かなりおじいちゃんに描いてしまいましたが、
本書では御屋形様と17歳差と、書いてありました。
ううむ、思いつきでキャラクターデザインしたら駄目ですね(汗)

さて、古書店街を探している時間がなかったので、
そのまま(帝国)劇場へ直行しました。
終わったのが5時前。すぐさま帰途に着きました。
その途中、劇場から駅へ向かっていた時に地下街で
こんな看板を発見しました。
yuuraku.jpg
やっぱり御屋形様とはご縁があるのねvv

以上、日帰り江戸レポートでした。(おそまつ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/147-8262d7f7
この記事へのトラックバック