font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森家のお墓参りに行って来ます!その2。
(記事を書くまで長かった・・・。
  実際行ったのは5月の31日で御座いました。)

今の岐阜県可児市兼山は、森蘭丸の生誕地。だそうです。
先の市町村合併で可児市になったらしいのですが、
前の地名を忘れました。すみません。兼山はそのままです。
その兼山の青年団(?)の方々が中心となって、
毎年6月に、供養祭(蘭丸祭)
10月に、武者行列(若獅子蘭丸2006)
が、行われています。

詳しくはこちらのHPを御覧下さい↓↓
http://www5.ocn.ne.jp/~shiraki/
(武者行列参加者募集中ですので、奮ってご応募下さいねvv)

で、今年は、
6月の供養祭にあわせて、一般から蘭丸のイラストを募集し、
『蘭丸イラスト展』が、供養祭を挟んだ2週間開かれました。
え~、管理人、無謀にも応募しました。
募集要項に、“参加賞進呈”と書いてあったので、つい・・・(汗)
今年は6月4日が蘭丸祭だったのですが、
仕事のシフトが入っていたため、行くことが出来なくなり、
せめて、お墓参りとイラスト展には・・・と、思い、出かけたのが、
5月31日でした。

さて、
よく晴れ渡ったお昼過ぎ、道路地図を片手に、出発です。
家から車で約1時間かかりました。
途中、迷子になって、ゴルフ場まで到着してみたり、
同じ所を何度も行き来して、交通整理の警備員に不審がられたり致しましたが、山越え谷越え、なんとか辿り着きました。
本当に、両サイドが切立った細い山道を通った時は、
どんだけ田舎なのかと不安になりましたが(汗)
兎にも角にも、ようやく兼山に到着致しました。
イラスト展の会場は、こちら↓↓↓
プラザ入り口
この左隣が、兼山歴史民俗資料館です。
中に入ってみますと、来場者は・・・管理人ひとりでした(爆)
平日の昼日中ですからねぇ。と云う訳で、会場独り占め(笑)
ロビーにこんな感じで展示されていました。↓↓↓
全体図
意外に応募者少なかったんですね。(16人)
来年も開催していただけるのなら、拙サイトでも是非紹介して、
多少なりとも貢献したいものです。私も色んなお蘭が見たいですしvv
これらの絵、一つ一つに作者の方がいて、それぞれが、
お蘭が好きで、こうして絵を描いて下さったのかと思うと、
非常に感慨深かったです。
お蘭好きは結構いるんだろうな、と思いつつも、こうして、
形として目の当たりにすると、また違った感動を覚えます。
死して400年の後にも、こうして慕う人達がいるって、
素敵なことですね。

さて、
この建物は、隣の歴史資料館とつながっておりまして、
ロビーの奥が入場口になっていました。
15人のお蘭も堪能した事だし、次は資料館だvv

・・・・・と云う訳で、次回に続く(コラ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/140-418e1f3d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。