font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東照宮陽明門への疑惑(疑問?)
日光東照宮。信長公ファンの管理人の脳内には、
竹千代の墓。というイメージしかありませんが、
大問題勃発。です。(大袈裟な)



(注※管理人は日光に行った事がありません。)

日光東照宮に陽明門というのがあって、
柱の造形や、天井の彫刻が素晴らしいらしいのですが、
問題は、門の両脇にいらっしゃる、二体の武士像なのです。
門には仁王様では?という疑問は置いといて、
その武士像のうち一体、束帯姿に弓矢を持った老武士の像の、
袴に、桔梗紋があると云うのです。
光秀=南光坊天海説について書かれているものには、
必ずと言っていいほど、この武士像に桔梗紋があることと、
宮内の軒下(ひさしの下?)に無数の桔梗紋があることが、
書かれています。
それはそれで良いのです。東照宮に桔梗紋があろうが、
みっちーが天海だろうが、そんなことは如何でもいいのです。
(いいの?)
ただ、
私には、その桔梗紋が、どうしても五木瓜紋に見えるのです。
と言っても、数年前に某テレビ番組で放送されていた映像を
見たのと、ネットで検索した画像を2枚見ただけなのですが(汗)
軒下の紋は百歩譲って桔梗紋に見えないことも無いです。
外側の木瓜部分の描かれかたが、適当すぎるし。
でも、武士像の袴の紋は、木瓜紋にしか見えません(涙)
ちなみに
itumokkou←五木瓜   桔梗→kikyoumonn

(五木瓜と書くのは語弊があるかも知れません。
 のっけた画像は織田瓜であって、
 五木瓜にもいくつかバージョンがあります。
 一番スタンダードなものは中の唐花がもっと大きくて、
 余白が少ない感じです。
 木瓜紋というと、普通は唐花4枚のものです。
 確か、笑点の歌丸師匠の着物の紋は、
 丸に木瓜だったと思います。
 あ、朝倉家の紋も三つ盛り木瓜でしたね(汗)
とは言え、実際に見た訳でもないですし、
光秀=天海説を唱える(について書かれている)方々が、
織田の木瓜紋を知らないはずがないと思うので、
『武士像の袴には(五木瓜の中の唐花と見せかけた)桔梗紋がある』
と解釈すればよいのでしょうか・・・。
ネットの画像(転載できないのであしからず)を見る限り、
どっちともとれなくはないんですよね(涙)
いい仕事してませんねー!家紋って大事よー!
でも、やっぱり織田ファンは織田木瓜に見えると思います。
みっちーファンは桔梗に見えると思いますけどね(話が戻った)


だれか詳しい方いらっしゃらないでしょうか?
日光までの旅費と時間を費やして、1300円の拝観料払って
家康の墓参りする根性は管理人にはありません(爆)
ただ、管理人的には、家康の墓の門番が御屋形様かも・・・
ってことの方が心中穏やかでないですけどね!

コメント
この記事へのコメント
気になる・・・
私は日光東照宮行ったことあるんですが、当時小学生。歴史にほとんど興味なしの頃だったため、まったく記憶に残っていません・・・

武士像の袴の紋、確認したいですね~
滋賀や京都に行くよりは近いけど、日光に行くなら滋賀や京都に行きたい・・・

だれか詳しい方いらっしゃらないでしょうか? あれ?龍華さんと同じになってる(笑)
2006/06/28(水) 21:50:09 | URL | 織田 創 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/28(水) 22:58:37 | | #[ 編集]
武蔵国在住
小学校の修学旅行は日光でした。
が、そのころはまったく注意していなかったので、わかりません。
ねむり猫とか、三猿ばかりに目が……(アイタ!

で、問題の五木瓜ですが、実はあまり明白な差はないと聞いています。五木瓜を使った武将で一番有名なのが織田信長であったため、「織田木瓜」と名前が付けられたという話。元はといえばあの朝倉氏の木瓜紋をもらったのが織田木瓜の始まりだとかいうので、余白の大きさなどはあまり気にしないほうがよいです。
実際家紋は戦場での敵味方の区別をつけるためでもあったため、早々紛らわしい紋はご法度だったのです。(紋が似ていたためあだ討ちされたかわいそうな人もいたらしい)

実際家紋の詐称は行われる事があったらしく、桔梗紋である可能性が高いのも現状です。光秀の謀反後、しばらくは桔梗紋=謀反人のイメージが強く、桔梗紋の人の中にはわざと突端を切り取り桜紋にしたという話もあるほど。

でも光秀の謀反からある程度年月が経て東照宮が建てられた事ですし、あれは桔梗紋には見えません^^;私には作風の都合上唐花が桔梗っぽくなったとしか思えません。当時の同じ技法、同じサイズで唐花が作れれば、明らかにこれは桔梗紋である、と言い切られてしまいますがね。
大体そこまでして詐称しなければならないのであれば、私の友達はどうなる!!(←土岐さんという方がいて、彼の家紋は桔梗紋です)

長くなりました^^
素人目に考えて、こんな感じです。
2006/07/02(日) 21:47:58 | URL | 狼木蘭花 #-[ 編集]
吉兵衛えぇぇぇ(涙
織田様 狼木さん

(大河)吉兵衛の死が悲しいのに、本能寺より、吉兵衛の最期に割いた時間の方が長かったのが何となく腑に落ちません。龍華です。
(どうでもええがね)

関東は、修学旅行とか遠足で日光に行ったりするんですね。
私は小学校の修学旅行が京都でしたが、歴史系の土地は、大人になって知識を得てから行った方がいいなと思います。

歴史も家紋も奥が深いですね。
織田木瓜も五木瓜も、そんなに変わらないんですか。
以前見た家紋の本で、五木瓜だけで4~5種類くらい書いてあったので、えらい紛らわしいな、と思ってました。
同じなら断然その方が楽!(感涙)
織田家の内紛の時は、敵味方の区別ってどうつけたんだろう?とふと思ったり。
ふと思ったついでに、織田軍の中でも、それぞれ柴田なら柴田の、森なら森家の家紋がある場合は、旗指物はどうしたんでしょう?織田軍で統一したのかしら?それぞれの家の家紋を付けて行ったのかしら?
そういえば、吉兵衛の最期の場面で、丸に縦長の木瓜紋の旗が映ってましたが、あれは誰の旗でしょうか。一益かな?

ああ、分からない事がいっぱいです。
そんな管理人へまた愛のこもったコメントお願いいたしますm(_ _)m
2006/07/04(火) 02:06:09 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/138-9e846bbd
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。