font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連想ゲーム! ダ・ヴィンチ・ヒトラー・信長と云えば?

答え:みんな後ろに“コード”がつく本がある(無茶な)

おぉ!解ったそこの貴方!!信長公好きの書店員と見た!(お前だろ)
と云う訳で、以前記事に書いた『信長コード』(文藝書房)が6月中旬に発売予定です。
非常に怪しくて楽しみです(笑)
怪しいついでに、同じく6月中旬(20日ごろ?)毎日新聞から
『女信長』という本が発売になります。
毎日新聞に連載されていたそうです。単行本化ってことは連載は終了したのかしら?
作者は直木賞作家、佐藤賢一。和物も書かれるんですね、この方。
タイトルどおり、御屋形様が女なんだそうな。
帰る日まで』(コバルト文庫)でも御屋形様、女でしたけどね。(ちなみに、こちらは更に凄い事に、濃姫様が男なのです)
ほか、6月は『桶狭間の勇士』(文藝春秋)が文庫化。
思文閣出版より『本能寺史料 中世篇』(ISBN4-7842-1305-8)
が出ます。こちらはお値段15750円。どんな方が買われるんでしょう。

さ、原稿、原稿!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/125-55762681
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。