font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直垂・大紋・素襖・・・あれ、直衣って??
本能寺の変企画、進行中の龍華です。
ネームがようやく完成し、下書きに入りました。
全11ページの予定です。

が、
衣装に困って早半日・・・・
一応、評定(?)に出席した後の設定なので、
普通の服じゃまずいだろう、と、思い、
礼服を着せようと思ったのも束の間、
あの頃の礼服って、一体どんなの???

正徳寺での、道三殿との会見で御屋形様が着たのは、裃?
(長袴とは書いてありますが、上は何をお召しに?)
長興寺の肖像画(一番有名なやつ)が着ているのは、肩衣&袴。
大徳寺の木像が着ているのは、束帯。
帝に会う時に着るのが、束帯なのかな?
束帯→衣冠→直衣→狩衣→直垂の順に、カジュアルな服らしいのですが、
そもそも、衣冠と束帯って違う服だったんだ・・・(暴言)

管理人の頭、パンク寸前です。
調べている時間がないので、とりあえず、登場人物たちには、
大紋もどき、素襖もどきを着てもらう事にします。
ああ、でも、いろいろ調べてると楽しいですね~♪
戦国時代の衣装が、やたら詳しく載ってる本とかないかな~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/124-243d0ce5
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。