font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

織田オタクの為の親切設計

はい、続きました。
次は石清水八幡宮です。

iwashimizu-1.jpg

そもそも、なぜ石清水八幡宮かというと、
御屋形様が御寄進なさった、黄金の樋、がある、と、
何年か前に知り、いつか行こうと思っていたからであります。

京都駅から、確か、近鉄と京阪を乗り継いで30分くらいだったかと思います。
最寄り駅、八幡市駅で下車。
ぐーぐるマップでは山頂の本殿まで、
徒歩13分と出ましたが、大人しくケーブルカーに乗りました。
15分に1本。往復400円です。
トンネル内ですれ違うのが面白いですが、すぐ着きます。
境内に入りまして、とりあえず、本殿にお参り。
樋を探して本殿の周りをぐるぐるぐるぐるしてみたのですが、
それらしいものが見当たりません。
代わりに、信長塀が見つかりました。

iwashimizu-2.jpg
iwashimizu-3.jpg

熱田神宮で見たやつや!

これは・・・もしかして、まだ私の知らない信長塀が存在するのかも・・・・
いやぁ、楽しみだなぁ!
と、思いながら、なおもぐるぐるしたのですが、やはり樋は見つけられません。
たぶん、本殿の中の方にあるんだろうな。仕方ないな。
と、御朱印を頂いて帰ろうかと思って社務所前に行くと、
白い立て看板が目に入りました。

昇殿参拝のご案内
11時~、14時~ 拝観1000円


まじか・・・!
ていうか、もう終わっておろうが・・・・と、時計を見ると、
13:58でした。
まじか・・・・・・!!!!!
え、いや・・ちょっと、待って・・受付どこか書いてない!!!

と云う訳で、
ものすごくおろおろしながら社務所に駆け込みました(笑
宮司さんに中を色々案内して頂いたのですが、
樋のことだけで云えば、結論から言うと、
このツアーに行かないと、一般人は近くでは見られません。
神様がおられます本殿が、内殿と外殿の二棟で構成されていて、
ただ、ほぼくっついて建っているけれども屋根はそれぞれ乗って
いるので、その合わせ目から、室内に雨が漏れないように、
合わせ目に沿って、横長(22mくらい)の雨樋が室内を貫いている。
という構造なので、本殿内には勿論入れないでしょうし、
例えば御祈祷とかで、外殿の前くらいには行けるでしょうが、
樋は、東西のどちらかに回り込まないと見えません。

で、
普段はたぶん、中には入れないはずです。
今年の2月に本殿が国宝になったのを機に、
2月から今年いっぱい、11時、14時の昇殿拝観をしておられるようです。
あとは、京都非公開文化財特別公開で、度々公開して
下さっているようなので、チェックしていれば機会はありそう。

ですが、
遠くからでもいいの!いま見たいの!!
と云う方がおられましたら、何とか見える位置がありますので、
背伸びして見て下さい。

iwashimizu-5.jpg

iwashimizu-4.jpg

これね、絶対に、織田オタクのための親切設計だと思うの。
だって、東側は回廊に窓が出来てしまっていて見えないの。
ていうか、むしろ、御屋形様が、遷宮の時に口出して、
ちらっと見えるようにしとけやー。
って、仰ったんじゃないかと思ってしまうくらいのチラリズムなの(笑

と、まあ、
変態管理人の妄想はさておき、
信長公記巻の十二、十三「八幡御造営の事」が
よりニヤニヤ読めるようになった今回の旅でした。




メモめもMEMO
11月12日 クロボーズ1
11月13日 群青13
11月 歩き巫女九尾
11月24日 平手久秀の戦国日記
2017年 『イケメン戦国◆時をかける恋』アニメ化
      コミック化 「月刊プリンセス」梶山ミカ 17年2月号から?

 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/1024-02e0dd62
この記事へのトラックバック