font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんばれ恒ちゃん!!『信長さまはもういない』


九重親方の訃報に凹んでいたら、イチさんは3000本打つし、
オリンピックと甲子園は始まるし、陛下の玉音放送はあるしで、
なんとなくあわただしくて悲しみがまぎれて、もうお盆過ぎ。
ソハヤ(写し)と大典太は来る気がしません。(刀剣乱舞
龍華です。


さて、
本日、昨日、先日購入の書籍&漫画

著者 : 谷津矢車
光文社
発売日 : 2016-08-17
上様ファンの傷をえぐるようなタイトルだなぁ。
と、思っていましたら、本能寺後の恒興のお話でした。
ほとんど恒ちゃんなら、文庫になってからでもいいかな?
と、思ったのですが、この作者さん、
だいぶ前に読んだ、『洛中洛外画狂伝』の作者さんなことに、
気づきまして、兼一の『花鳥の夢』と同時期に読んだので、
兼一ほどではないけれど、なかなか面白かった覚えがあったので、
単行本で購入。
まだ、4分の1くらいまでしか読んでおりませんが、
上様は冒頭、約10ページでご退場。
この後、かつて上様からもらった虎の巻をたよりに、
恒ちゃんが頑張るお話のようです。
上様のいない世界で、果たして恒ちゃんは上様離れできるのか!?


著者 : 梶川卓郎
芳文社
発売日 : 2016-08-16
信忠、信孝初登場の16巻でした。
信忠の顔が出るまで気ぃもたすんだもんなぁ(笑
やけに爽やかな若い上様が出た。
と思ったら、信忠でした。
直後に、あれ、ここ回想シーンか?
と、思ったら、信孝でした。
色々ごたごたがあった後に
父上がご健在のうちはおとなしくしておけ
って、言った信忠に惚れた!!(笑
そのごたごたの間の上様は、
もちろんもっとかっこよかったですけれど、
「父上の若い頃に似ていると自負している」
って言った信孝に氷のような視線を投げつけた濃姫さまが一番かっこよかったです。


講談社
発売日 : 2016-08-05
戦国時代にタイムスリップしちゃった女子高生が、
吸血鬼の三好長慶に拾われて、
直後に出会った上洛中の信長が、
主人公をかばって斬られてしまい、長慶に助けを求めたら、
信長も吸血鬼になっちゃって、おまけに性格も俺様な魔王に・・・・

って、
書いててすごい説明だなと、思いましたが、ざっくりいうとそんな感じです。
おまけに主人公の幼馴染の男子高校生もこっちに来ていて、
なぜか瀬名姫に殺されてた家康公の替え玉に仕立て上げられてました。
どうやって収拾するんだろう、この漫画・・・・
とりあえず上様は、ヴァンパイアハンター明智光秀、
とかが出てきて倒せばいいだろうけど、家康公どうすんのかなぁ?
家臣団は秀吉と利家メインで登場です。
金髪?イケメンの秀吉も斬新でしたが、ちんちくりんの毒舌利家にはびっくりした。
管理人には、どうしても、口の悪い小夜左文字(刀剣乱舞)にしか見えなくて困った(笑
三好方面は、美人の長慶に義興、松永長頼というマイナーどころが
イケメンで出てきますので、三好ファンの方はぜひ。

 
コメント
この記事へのコメント
たしかに
心抉るわぁ‥(泣)
こうして龍華さんのブログじゃなくて書店に並んでるとこを最初に見たら、書店内で涙が滲む自信があります。

ヴァンプは、ちょっと様子を見ようかと思います(笑)
2016/08/18(木) 19:07:44 | URL | ちあき #-[ 編集]
それでも生きてゆかなくては
タイトル見て、冒頭ちょっと読んで、
そうだよ、恒ちゃん、頑張らなくちゃ!
と、思ったのですが、
自分もいい加減、山本兼一はもういない、
のだと、思いきらなくては、と、思いました(涙
2016/08/23(火) 02:33:19 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/1016-5f6f2cdb
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。