font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

ウォーリ・・・じゃなくて、義輝を探せ!(『花鳥の夢』


八重の桜を見て、風呂入って、
いそいそと『花鳥の夢』読みはじめました。
で、
ありったけの図録ひっぱりだして来て、
載ってないのはぐぐって、
見比べ見比べ読んでたら、結局5時間かかりました(汗
dokuryoukinen.jpg
(折角なので記念撮影(笑
天才永徳が苦悩して苦悩して苦悩し続けた本でした。
夭折してしまったので、救済も達観もなくてもう可哀そうなくらい。
兼一は鬼か。と思いながら読ませて頂きました。
目的の上様は、上洛後の洛中洛外図のお買い上げから、
安土の築城のあたりで御活躍でした。
オレ馬面かよww
ってウケてる御屋形様が可愛かった。
永徳の絵を見て、
もがき苦しむお前のような絵だな。いいぞ、気にいった。
とか云っちゃう、ドS上様も素敵でした。
あと、安土城書院の梅のくだりから、大徳寺聚光院の花鳥図への
くだりが、すごくいい解釈で書かれていて感動しました。
管理人には、あの梅がもう御屋形様にしか見えない(笑

そうそう、
見えない。と云えば、本日の表題の義輝公。
洛中洛外図のあの少年も、もう義輝公にしか見えません(笑
たぶん、読むと気になると思うので、読まれる方は、
永徳筆上杉本の洛中洛外図の拡大図が見られる
図録かサイトを用意してから読み始められるのをお勧めします。


等伯 〈上〉等伯 〈下〉洛中洛外画狂伝: 狩野永徳