font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと勉強してから行くべきだろうけど、とりあえず行ってみる。in西光寺


ついに今回こそは原稿間にあわないかも・・・・
ブログ書いている場合じゃない龍華です。


と云う訳で、
原稿で忙しいのに、今日は近江八幡市へ出張でした。
おのれ!!ただ出張だけしてなるものか!!!!
と、受領根性で早起きして仕事の前に同市の西光寺へ行ってきました。

あまり勉強していないのであれですが、
安土宗論で勝った貞安上人が、ご褒美?に安土城下に土地を
貰ったので、そこに建てたのが西光寺で、豊臣時代?に
現在地へ移転。(2キロばかし移動て・・・
御屋形様のお墓と肖像画があるお寺さんです。
肖像画は博物館だか美術館だかに預けてあるらしく、
とりあえず本日はお墓参りに突撃しました。

(?のとこは調べてる時間が無いので自力でお願いします(汗

JR近江八幡駅の北口に出て、真っ直ぐ北へ延びる道、
ぶーめらん通り。って書いてありました。
を、ひたすら北進。徒歩20分くらいでつきます。
安土駅から安土山へ行くよりは近かった気がする。
バスも通っていたので、大変そうならそちらで。
なんなら、安土観光のついでにレンタサイクルで行けなくもない距離だと思います。
で、八幡山を正面にてくてく歩いていると、右手に見えてきます。
その道からだとお寺の裏側から入ることになります、が、
正面の道は細い道だったので、見つけづらいかも。
と云う訳で、正面。
saikouji-1.jpg
saikouji-2.jpg

中にお邪魔しますと、正面に本堂です。
saikouji-3.jpg
本堂の左手に檀家さんたちのお墓がありまして、
その中に御屋形様のお墓があります。
ネットで見て分かってはいたつもりなのですが、

看板も案内板も何もありません。
saikouji-4.jpg
彫ってある字も読めず、戒名を書いた卒塔婆もない。
・・・・・・これ御屋形様のお墓なの?
と、心配になること請け合いです。
私も確信はないのですが、焼却炉の横にある。
との情報なので、これで合ってると思います(汗
だって、お供え用のお湯のみが・・・
saikouji-5.jpg
これだったんですもの。
ヒカルの碁と来たか!!!凄いな(笑
しかも公式じゃなくて自作・・・・
これを使っている西光寺さんのセンスに脱帽です。
でも、これの元ネタ知ってる人がここに訪れることはあるんだろうか(笑

集英社
発売日:2000-04-04
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。