font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
濃姫のひざまくら
最近、本を定価で買いすぎです。龍華です。
古本屋めぐりしたいなぁ。

本日購入&読了の書籍
濃姫のひざまくら』 富田源太郎 三九出版(発売元扶桑社)

買ってしまった・・・・・
だって、もう、御屋形様濃姫様ラブラブ信者としては、
読むしかないでしょ、このタイトル!!

輿入れ~本能寺直後まで。
ものすごく淡々とした小説でした。
作風でしょうか、虚飾を削ぎ落としまくった、
心理描写の少ない、想像力を試される本でした。
濃姫様が軍師的ポジションでなくて、
御屋形様が無垢な濃姫様を表の戦や政争には
触れさせないよう、大事に大事にしているので、
年表上の事象はあっさり過ぎ去っていきます。
初恋の人の光秀が絡みかけますが、
そんなの関係ないくらいお二人がラブラブで
非常に満足です(笑
タイトル通り、御屋形様が濃姫様のひざまくらに
安息を得ているお姿もよかったですが、
「お濃!お濃!引越しじゃ!!」
と、濃姫様を一人連れ出して、馬に乗せて
新城まで駆けて行ってしまうシーンがすごく素敵でした。

らぶらぶばんざい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。