font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

安土城入山 有料化Σ( ̄□ ̄;)
蘭丸祭うつつを抜かしているうちに、
安土城でとんでもない事態が発生しておりました。


安土城跡入場が有料化(驚愕)
(2006年9月1日から 大人500円)
→→安土観光協会HPより


ぼったくりだ!ぼったくり!!
げふん、ごほん。
ごめんなさい、管理人はB型なので、馬鹿正直に言いますと、
あれで500円はどうかと思う。
はっきり言って、ただのちょっとした山です。
確かに、石垣の跡はあるし、正面大手門から伸びる有名な
石段は壮観です。ちゃんと、石仏とか残ってるし。
総見寺の3重の塔も残ってるし、変11角形の天主跡もあります。
御屋形様のお墓もあるし、頂上からの眺めもなかなか良いです。
でも、所詮は山。
金華山(岐阜城)だって、小牧山だって、山に入るだけなら、
お金はかからないですよ?
確かに、頂上にある復元天守閣(中は資料館)に入るには、
入館料が要ります。(岐阜城200円、小牧山100円)
まあ、岐阜城は歩いて頂上まで行くのは大変なので、
ロープウェイのチケット代がかかりますけどね(往復1050円)

ま、私有地ですから、お金取ろうが何しようが自由ですけれど、
(入り口の係員をバイトにすると、時給とか光熱費とか考えても、
 平日は赤字になる気がしますけどね)
一番気に入らないのが、大手門からしか登れなくなった事です。
安土山は、南の大手門(6m幅の真っ直ぐな石段がある方)と、
西の百々橋口(南より若干狭くて急な石段。見寺につながる)
の、ふたつの入り口があります。
その百々橋口の方が通行止めにされてしまったのです。
ちょっと待ってよ。当時の諸大名(一般人)は百々橋から
入ったって信長公記に書いてあるんですけど・・・・
これじゃあ、佐々気分が味わえないじゃないのよ!(そこか)

安土山入山に500円。
移動用レンタサイクル500円~
信長の館500円
県立安土城考古博物館350円
交通費、飲食代も考えると、安土観光も結構な出費。
以前、安土山ですれ違った、犬の散歩をしていたおじさん、
散歩コース変えなくちゃいけないんだろうな・・・。