font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アノオダノブナガ(『長篠の四人』


“あの織田信長”
って、ホームズさんかよ!漱石さん呼んで来い!げらげらげら
と、腹かかえた方がいらっしゃったらお友達になって下さい。
龍華です。
(3DS『大逆転裁判』の話です


さて、
先日購入の書籍

毎日新聞出版
発売日 : 2015-09-24

無茶振り上様シリーズ第三弾来ました。
ものすごく楽しみにしていたのに、やはり僻地故か2日遅れて入荷してきて、
今日は帰ったら読むぞー!と、張り切っていたら、悪夢の4時間残業・・・
何だかんだでやっと明け方に読み終えました。


信玄に攻められ、勝頼にも攻め込まれて、四苦八苦の家康公。
信長公に援軍を求めるも、3千しか送ってくれなかったり、
来たかと思えば手遅れも手遅れの大遅刻だったり。
長篠城を攻められ、今度こそ、と求めた援軍に応えた織田軍、3万。
同盟を続けてきた甲斐があった、と、喜んで出迎えた家康公に、
信長公は爽やかな笑顔で、こう言い放ちました。

織田の味方を一人も損ぜずに武田に勝て

またか!と思いつつも断るという選択肢のない家康公は、
やはり!と思いつつもやってきたいつもの二人、
他人事だからと言いたい放題の光秀と、
絶望的に戦に弱い秀吉とともに、この難題に立ち向かうことに・・・。


不憫すぎる安定の家康公でした(笑
しかも今回は、俊英、息子の信康まで出て来て、
ますます自分に自信をなくしておられました。
そこまで卑下すること無いのに、大御所様・・・。
ですが、久しぶりに会った、正妻築山殿を見て、
やっぱりいい女だなぁ。たまに会うぶんには本当に良い女なんだよな。
一緒に住むのは絶対嫌だけど。
とか、男の本音丸出しなところは可愛らしゅうございました(笑
そして、本命の上様。
厚顔無恥というか、鉄面皮というか、
こちらも安定の傍若無人の暴君っぷりでした。
しかも今回は、ミラクル起こして家康公のお役に立つ、
ということも無かったので(戦の読みは別として)
本当に迷惑なだけで、こちらもすこぶる可愛らしゅうございました。

今までそんな印象は無かったのですが、
今作は喋り言葉ではない部分の文章がだいぶくだけた感じで、
がちがちの歴史小説が不得手な方でも読みやすそうな作品になっていました。
興味持たれました方、是非。
できれば金ヶ崎から読んでほしいですが、今作だけでも是非。

金ヶ崎の四人 信長、秀吉、光秀、家康 姉川の四人 信長の逆切れ



メモめもMEMO
10月9日 孔雀王~戦国転生~ 3
10月10日 ノブナガン 6
10月20日 疾風の軍師 ―黒田官兵衛― 6


 
スポンサーサイト
ま、ま、松千代ぉぉぉぉ!!(『戦国スナイパー5』



なにこれ待って

成人した松千代とか

嬉しすぎて

自分の死亡フラグとしか

思えない((((;゜Д゜)))


講談社
発売日 : 2015-05-08

昨日、新刊が出ているのに気付いて慌てて
買ってきたのは良いのですが、
何をおいても松千代の安否が気になって
仕方がなかったので、
外道め!
と、己を罵りながら、いきなり結末から読みました。

そうしたら、
天正11年6月に上様の毛利攻めが云々、
佐々慶政は進退の判断が絶妙云々・・・

慶一郎が大怪我して現代に戻ってる間に、
松千代が元服して慶政と名乗って、
しかも国持ちで、立派な一軍の将になってました・・・・・(感涙

そこまでの幸せな展開は想像してなかった。
松千代が死んじゃう前に物語が終わるか、
もしくは、慶一郎が戻ってきた時にはもう
死んじゃってて、せめて長島での討死の場面は
飛ばしてくれてればいい・・・
くらいの期待はほのかに抱いていたのに、
この神展開は、かけらも、思いつきもしてなかった。
幸せすぎて恐い。というのはこう云うんだろう、
と、妙に納得しました。

なので、(完)とは言いつつ、
反響が良ければ、この後、続編書けるかな?
みたいな終わり方をしていましたが、
そんなの絶対いりませんから!
映画のパート2の方が良作だった例があろうか!
お願いだから、これいじょうはらはらさせないで下さい!!(本音

と云う訳で、
本編は、大怪我をして現代に戻った慶一郎が、
タイムスリップの謎に迫らんとする内に、
その技術を独占せんとする黒幕に命を狙われ、
同僚が次々と命を落とす中、
出てこなければ信長を殺すぞ。と脅されて戻った
戦国時代で、ついに黒幕との決着がつく。
という内容です。(たぶん
おまけに、
その決着の場面に巻き込まれた御屋形様が、
なんだかとても楽しそうなお立場になられて、
こちらもまったく大団円で御座いました。

作者殿ーありがとう!本当にありがとう!!

 
本能寺なのに上様スルー(『覇王の贄』


『博士と彼女のセオリー』を見に行きまして、
管理人の気に入る俳優さんはどうしてイギリス人
ばかりなのかしら?と、ふと思いました。
最近の一押しは、カンバーバッチ氏とエヴァンス氏。
龍華です。



さて、
映画に行ったついでに、他所の書店に立ち寄りまして、
この本を買いました。
著者 : 矢野隆
光文社
発売日 : 2015-02-18
発売になってたのは知っていたのですが、
職場に入荷が無くて、そのままうっかり忘れていました。

天正9年。
近頃上様が召し抱えた牢人、新免無二斎。
船の櫂のような不格好な木太刀を得物とし、
どこの流派とも知れぬ剣を使い、そして滅法強い。
腕に覚えのある小姓を立ち合わせては、
返り討ちにされ、肉の塊になるまで殴り殺されるのを
冷やかに、しかしどこか嬉しそうに見ている上様。

この男を一対一の勝負で殺せる者を連れてこい。

と、無茶振りされたのが、
秀吉、丹羽、権六、利家、九鬼、光秀。
それぞれが、上様の意向を汲む為に、また、
己の身の為に、矜持の為に、対戦相手を選び、
そして、見えぬ上様の心を計りかね懊悩するお話でした。

全体的に、全員残念な感じで残念。
それぞれの個性というか、人間らしいところが出ている
といえばそうなのですが、まあ、結局、皆誰も
上様の事が好きじゃない。のが原因かな(笑
超上から目線の五郎左の、最後腹くくった姿は素敵だった。
愚直を絵にかいたような柴田は唯一かっこよかった。
とっしーに呼び出されて、試合の途中で遁走した慶次は流石。
時々挿入される、濃姫様とみっちーの会話は面白かったけど、
結局みっちーが謀叛したのは、弱者(光秀)が強者(無二斎)を
倒すという美しさを求めた為、という、上様も濃姫様も完全スルーな理由で、織田ご夫妻好きにはきついオチでした。
最初から、管理人の贔屓目をもってしても、
冷酷無慈悲な暴君で通ってきた上様が、
そう描かれているのは何か理由があるのだよ、と、
最後、謎ときがあるんじゃないかと思っていたのですが、
みっちーに非力だの小さいだの失望しただの云われた上に、
結局、おもちゃを見せびらかす子供のわがまま。という、
結論以外が見出せませんでした・・・某の力不足でござろうか・・・・


 
子分は暴れん坊上様


先々週の話であれですが、NHK杯の最終グループ。
オペラ座、ラフマニノフ2番、バーバー、とか、
何と云う管理人の為の最終Gかと思いました。
特に、アダージョ。
あの曲で踊る馬鹿(良い意味で)がいるとは・・・
よくぞ帰ってきてくれました。フィギュアの話です。
龍華です。


さて、
だいぶ前すぎてすみません。
ちあきさんに教えて頂いて、こちら↓の本を買ってきました。
コスミック出版
発売日 : 2014-10-07
主人公は、上様の末裔、織田信三郎信弥。
(信忠の息子の秀信、が高野山に流され、更に
 高野山を追われた後に、紀州向福で地元の娘との
 間に出来た子供の更に子孫。という設定)
と、第八代将軍、徳川吉宗。
信弥さん、既に40を越えていますが、
何処にも仕えず、ひとり身の気楽な浪人暮らし。
諸国を渡り歩いて、今は江戸の長屋で、
寺子屋の師匠や商家の用心棒をして暮らしています。
ある日、とある事件のいざこざに巻き込まれた信弥さん。
その帰り道、突然現れた大男が、
「織田様!」と言うが早いか、目の前で膝をつきました。
「源六」と信弥さんが声をかけたこの男、何を隠そう、
現征夷大将軍、徳川吉宗その人でありました。
吉宗がまだ紀州で部屋住みを楽しんでいた(違)ころ、
山中で盗賊に囲まれた窮地を救ったのが、信弥さんでした。
以来、気楽な身分同士、二人で遊び歩いていましたが、
吉宗が藩主となったのを期に会うこともなくなってしまいました。
そして、江戸の地で十数年ぶりの再会。
民の暮らしを知らねばならぬ、と市井に忍び出る吉宗と、
英雄の相と受難の相を併せ持つ信弥のあるところには
事件あり。
と云う訳で、戦国の英傑の子孫どうしが出会い、
なんやかやと事件を解決していくお話です。

まあ、ふたりとも子孫ってだけで、
御先祖はお話に直接関係ありません。
ちょっと吉宗公が下手に出過ぎている観がありますが、
吉宗公が信弥さん大好きな感じが可愛くて、
信弥さんもちょっと危なっかしいなと思いながらも、
ちょいちょいついてくる吉宗公を憎からず、というか、
こんな実直な熱血漢が為政者なら、世の中捨てたもんじゃ
ないなぁ。なんて思っている感じがあって、
とても良いコンビでございます。
で、秀吉は全く関係ないのですが、猿の飛吉、という、
信弥さんが諜報に使っている男が出てきまして、
三英傑そろい踏みなのも、また、にくい演出であります。

上様は直接関係ないのですが、
管理人が個人的に暴れん坊上様が好きなので、
(あくまで現実の吉宗公じゃなくて、暴れん坊将軍の方ですが)
続きが楽しみなシリーズとなりました。
上様のエピソード的なのが絡んだ巻が出ましたら、
紹介させて頂きたいと思います。


実業之日本社
発売日 : 2014-10-03
こちらも上様直接関係ないですが、
タイトルに上様と曹操さんの名前が入っていたら、
買わざるを得ないでしょう!

と云う訳で、お話は現代。
某有名大学の、三十代で教授となったやり手教授が放った、

「織田信長の人生は、三国志の曹操のパクリだった」

という説が、世間を騒がせていました。
主人公はその教授が連載を持っている歴史雑誌に、
同じく寄稿している、歴史研究家の月村弘平。
その教授の研究室に矢が射込まれたのに続き、
講演会では火縄銃が発射され、ついには殺人事件が・・。
警視庁に勤める月村の恋人、夕湖が事件を担当することになり、
月村も次第に一連の事件に巻き込まれていきます。
で、
この後を書いてしまうと、ミステリーのネタバレなのであしからず。
本文では、その教授の説として、上様と曹操さんの相似点が
いろんなエピソードを使って語られます。
が、直接登場される訳ではありません。
登場する信長好きの人たちが憤慨する様子が描かれていますが、
管理人は曹操さんも好きなので、いまいちどうして怒っていらっしゃるのかピンときませんでした(笑
それはさておき、唯一、冒頭、
若き日の上様が、人生について悩むシーンが7ページ程ありました。
英雄信長も、若い時には、世にありがちな悩みを抱えていたのだよ。
みたいな、ほんわかシーンにニヤニヤしました(笑
そんな悩める信長公が、『三国志』に出会う。というところで終わります。
ただ、分からないのが、そのシーン、
上様が、清洲城の門を出ていくのを、平手の爺が止める。
という、始まりなのですが、元服したばかりの14歳、と、
書かれている上様が、清洲城の門から出て行ける訳がない。
上様が清洲城を取ったのは、22歳の時です。勿論、爺は切腹後。
絶対に何かの伏線だと思うのですが、
どこで回収されたかがまったく分かりません。
読まれた方がおられましたら、是非お教え下さい。
読んだの結構前なのですが、いまなお気になっております。
よろしくお願い致します。


 
これ、1巻から9巻確認すんの?


信長協奏曲のアニメがようやく尾張でも放送します。
8月15日から、2話ずつ放送。
で、10話までの予定しか書いてなかったのですが、
最終話までちゃんと放送するよね?
ていうか、出来はどうなの?面白いの?
尾張でタイムラグ。龍華です。


さて、
先日購入の漫画&雑誌
店頭で10巻が出ているのを見つけて、
確か、1巻で、ちらっと本能寺のシーンがあって、
上様が出てらしたなぁ、まだ続いてたんだ。
と、思って、裏表紙を見てみたら、

『信長』そっくりの強者、その名はアクバル。

と、書いてあったので、一応買ってみた。
もう、1巻を見たのも昔すぎてうろ覚えなのですが、
九州の某国の領主の少年が、
天正遣欧少年使節について、海を渡る。
みたいな話で、10巻の表紙のお兄さんが、
伊賀の忍びで、上様を殺して名をあげようとしたら、
本能寺の変が起こってしまって失敗して、
何だかんだで、主人公の少年と一緒に旅することになった。
という件の一部に、上様が出てらっしゃいました。
それも、ものすごく少し過ぎて、
1巻を買ってすらいないのですが、
1巻から9巻、買って確認しなくっちゃ!
と、思えるくらいの、素敵な上様の回想シーンが
この10巻に載ってまして、ぽちっとしてしまおうか、
古本屋探索リストに載せようか悩み中。

いまいちよく知らないのですが、
アクバルさんとやら、そっくりでありがとう!!(笑


著者 :
PHP研究所
発売日 : 2014-08-06
歴史街道とか、歴史群像、歴史読本、歴史人は、
上様がメイン記事の時だけ買う、という不届きな管理人です。
今話題の某ご子孫様の原稿が載ってたので読みました。
何か、もう、凄かった。
云々と推理します。と始めて、
真実が浮かび上がりました。で、終わった。
これはウケる。
歴史に真実があるならお目にかかりたい。

みっちーって、謀反の理由を正当化しようとすればするほど、
小さい男なのが披露されて可哀そうなので、
野望説でそっとしておいてあげてほしい(笑




メモめもMEMO
ねこねこ日本史
蒼眼赤髪
江頭2:50ご当地ラバーストラップ 名古屋 織田信長

8月28日 Wings10月号(天下一読み切り
9月12日 コンチェルト11 通常・CD付き・ファンブック?
9月12日 ツバキヒルズ3
9月30日 鬼切丸伝1 (上様の回が入ってたら買
全然関係ないけど
9月24日 ラストコンチネント下
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。