font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信長公記が出た!と思ったら


どうも終日背中が痛いなぁ。
と、思っていたら、インフルエンザでした。
診てくれたお医者さんが嬉しそうに、見事なA型ですねぇ!
と、検査結果を見せてくれました。
先回新型に罹った時もそうでしたが、今回も37度半ばまでしか熱が出ず。
白血球のやる気の無さは、宿主ゆずりでしょうか。龍華です。

さて、
ちあきさんから、風野氏の新刊が、まさかの光秀ヤンデレ(違
と、LINEを頂いたので慌てて探したのですが、職場入荷なし。
仕方が無いので、今日は別の話です。

ちくま文庫の新刊で『信長公記』が出ていたので、
おっ!?
と、思ったのですが、
現代語訳 信長公記(全) (ちくま学芸文庫)
1980年教育社刊の榊山潤氏訳版の再発売でした。
現時点で手に入る信長公記が、
新人物文庫の中川太古訳版だけでしたので、
選択肢が増えるのは大変良い事だとは思うのですが、
個人的には、読み下しの、奥野版と桑田版の再版も希望ですし、
できたら、池田本と建勲本の原文版が出版されてくれないかなぁ。
(福武書店の影印版の再版でもいい!)
と、ここ10年くらい思っております。
(くずし字も読めない奴が何を云うか(笑

まあ、でも原文の公記なんて、ただの漢文ですものね。
どこに需要があるというのだ(涙



 
スポンサーサイト
さすがだ光秀!!『信長の忍び10巻』



信長の忍び(アニメ)

って5分番組なんかい!!


と、今気付きました。龍華です。



と云う訳で、
本日購入の漫画。
白泉社
発売日 : 2016-09-29
昨日、云時間残業のあまりの疲れで買うのをすっかり忘れ、
本日購入いたしました。
長政ちゃんのばかー!!
な、10巻でした。
いや、まあそれは覚悟出来ていたので大丈夫。
それよりも、
本の中に挟まっていたチラシに、
次巻11巻の限定版にイベントで先行公開された0話と、
テレビアニメ1~13話完全収録のDVDがついてくる!
と、書いてあるのを見てびっくり。
何枚DVDついてくるんだよ!
と、思ったのですが、嫌な予感がして調べたら、
5分アニメでした・・・・・orz

そうかー、そりゃ限定版でつけられるわー。
13話て云っても、通常アニメ3話分くらいじゃん・・・
と、ちょっとがっかりしたのですが、
更に、同チラシに、
2017年9月発売予定の12巻限定版には、
2クール目の14話~26話収録のDVD付き。
って書いてありました。
まじか。2クールやるんか。それは嬉しいvv

と云う訳で、
コミックにDVDが付いてくるということは、
単独での円盤発売が無い可能性がありますので、
ほしい方は、11巻限定版予約して下さい。
締め切りは12月16日。
完全受注生産とか書いてあるので、
あおり商法なんじゃないかと思わなくもないですが、
文字通りだといけないので、予約して下さい。
TOKYOMXとテレビ愛知で放送あるし、
配信もいろいろあるので、見る、録るには困らないし、
DVD要るか?と、冷静な頭が囁きますが、予約して下さい(笑


 
そうだな。そのとおりだ!「戦国姫-濃姫」



刀剣乱舞のタオルが当たるくじが職場に入ってきたので
引いてみようかと思ったのですが、
いち推しの薬研藤四郎がいなかったので断念(笑
無駄遣いしたい熱が冷めやらなかったので、
がちゃがちゃを回してみました。
yagengatya.jpg
みごとゲット。
一瞬、いい歳して何やってんだい。
と、正気に戻りかけましたが、真顔になったら負けでござる!
一期は夢でござる!!
龍華です。


さて、
先日購入の漫画&書籍。

集英社みらい文庫ですので、小学生さん向け。中・高学年くらいからでしょうか。
短編集で戦国姫シリーズが4冊くらい出ていて、
ちょっと前に単独で茶々のが出てたので、単独第二弾、濃姫さまです。
学生さん向けでしたので、内容は安心の王道ストーリーでした。
新しい所と云ったら、みっちーの謀反の要因の一つに、
長曾我部説が加わったところでしょうか。
信行誘殺に土田御前が一枚かんでたのも斬新だったかな。
それはさておき、
初恋のみっちーへの思いを少し残しながらも、
うつけと噂の上様の元へ嫁ぎますが、
上様がうつけの皮で隠していた大志を見抜くと、
それを支えていくことを決意します。
当の上様も、濃姫さまの英邁さと据わった胆に惚れ込んで、
相思相愛。(ありがとうございます!
吉乃様の扱いがどうなるかと思いましたが、
信忠を養子にした件で、名前が紹介されただけで、
昼ドラみたいにならずに済みました(笑
稲葉山を落とした後は、駆け足で、あっと言う間に本能寺。
同行していた濃姫様は侍女の制止を振り切り、
更に、助けにやってきたみっちーをも振りきって上様の元へ・・・・

あぁ、ほっとする(涙
らぶらぶ万歳。
これ読んで、若いらぶらぶ信者が増えてくれるといいなぁ(笑


もう1冊。

1巻が売れたら、連載再開。
とかいう、おそろしい文言をゼノン本誌で見てから、
だいぶ経ちましたが、無事連載再開&2巻出ました!
おめでとうございます!!
今巻も、犬に生まれ変わった上様が、
同じくご近所の犬に転生してらした戦国武将のみなさんと
楽しく犬生をエンジョイしてらっしゃいました。
タイムリーに真田が登場。

そして、巻末に3巻予告が載ってました!!
おめでとうございます!!
2017年春ごろ発売予定!!


 
きたー 大物きたーーー(ヴぁんぷ2とかいくさの子とか


 
だいぶ前に記事にしたかと思いますが、
日本海側富山県から北→中央→南アルプスを経て、
静岡県太平洋まで走る。(8日間で
という、佐々ファンには他人事とは思えないレースが
ありまして、2年に1度の大会が、今夏開催されました。
今年の大会は4年ぶりにNHKの取材が入りまして、
24日にBSで放送があります。おまけに、
12年大会のNスペ再放送が19日にあるとかで、
先週くらいからワクテカ+(0゚・∀・) が止まりません。
単行本持ってるのに、文庫版も買ってしまい、
激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース富山~静岡415㎞ 激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース 富山~静岡415km (集英社文庫)
準備万端(笑。 龍華です。


さて、
先日&だいぶ先日購入の漫画
著者 : 原哲夫
徳間書店
発売日 : 2016-08-20
まだ信秀ぱぱが亡くなった直後くらいですが、
御屋形様、義元公を見物に行く。の巻でした。
上様の巻き起こす風に吸い寄せられるように、
家臣や仲間が集まってきて、だんだん、大きく、
組織立ってきたのが何だか嬉しいです。
それを見守っているような、遊ばせているような舅殿も素敵。
道三殿のお土産を持って、みっちーが尾張に来まして、
対山口親子戦に連れていかれていました。
はたして、若き日のみっちーは上様をどう見るか!?


著者 : 笠原真樹
集英社
発売日 : 2016-08-19
11巻の記事を書き忘れているような気がしますが、
復活した上様の恐怖政治に、これはいかん!
と、覚った高校生たちが、本能寺の変を史実通りに起こすべく特訓を重ねております。
元も子もないじゃないか。
と、つっこみたくなりますが、流石上様なかなかいきいきと非道でいらっしゃいます。
お顔もなんだか若返ったみたいですし(笑


講談社
発売日 : 2016-09-07
上様が吸血鬼になっちゃった漫画2巻出ました。
2か月連続刊行なので、3巻はだいぶ先になりそうですね。
それはさておき、
戦で大けがを負った利家が、救命の為に吸血鬼の仲間入り。
秀吉は、人狼に噛まれて、耳が生えてました。
三好家は義賢、冬康、一存が登場。(一存はすぐ退場
実休きたー!
実休光忠の元ネタの人きたー!
と、静かに盛り上がりました。
ヒロインの幼馴染(家康公の身代わりにされてる歴オタ)が、
新助や秀吉を目の当たりにして、
静かにテンションあがっている感じが似てますかね。
というか、反応が他人とは思えなくて・・・(笑


小学館
発売日 : 2016-09-12
謙信公がお亡くなりになり、荒木謀反。
の、急展開のはずですが、単行本の半分くらい使っての、
大相撲大会の巻でした(笑
その前に、半兵衛ちゃんが死期を悟ってお別れにきたのに、
ちっとも気付かずに、でも天然で嬉しいこと言ってくれちゃう
サブロー君が、流石だなぁ、と思いました。


メモめもMEMO
11月9日 コハエースGO 帝都聖杯奇譚<全1巻>
10月4日 ジャバウォック 真田邪忍帖 【ノベルゼロ】 友野 詳
9月23日 戦国姫 ─濃姫の物語─ 【集英社みらい文庫】
9月29日 信長の忍び 10
もう出てる 
うつけ世に立つ 岐阜信長譜 早見俊 徳間
しなもん2

 
上様濃姫様ラブラブ信者、全力退避ー!!!


約1ケ月前に予約したのに、初回配本にのっけてくれないのか・・・
と、思いながら、本日(昨日)購入しました。

ドナ・ビボラの爪 上 ドナ・ビボラの爪 下

明日も仕事なので、脳内完全再生しながら読んでいる時間は
なかったのですが、でもやっぱり気になったので、ぱらぱらと
読んでみましたら・・・・・・・・

えらいこっちゃ!!!
ていうか、何でこの本上巻の3分の2のところで
終わってくれなかったんだろう!!!


と、悶絶するような展開でした。
前半が覚悟していたよりはラブラブだったので、落差が激しい・・・
濃姫さまとラブラブ信者の方は、全力で回避して下さい。
下巻は濃姫さまを慕っていた人達の壮絶な復讐戦です。

退避―っ!!退避―っっ!!!


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。